講師紹介

ジャズ&クラシック音楽教室
ミュージック・クレフ
logo200.brown.png

HOME > Instructor

Jazz Piano・Classic Piano

you.240.pngミュージック・クレフ 代表 ピアノ講師
松竹 由美子
4歳よりクラッシックピアノを学び、音大卒業後、福岡を拠点としてプロ活動(各種イベント、ディナーショー等)を開始する。自己のトリオ・カルテット・クインテット等でのライブ活動を中心に活躍中。
村田浩、水橋孝との共演をはじめボーカリストとの共演も多い。ジャズピアニストとして常に新しいことに挑戦し続けることを信条に後進の指導も含めて意欲的に活動している。

Vocal

nishimira240.jpgヴォーカル講師
西村 和真
福岡県大川市出身、福岡市在住。
AORやR&Bを好み、特にジノ・ヴァネリ、
スティービー・ワンダーから影響を受ける。80年「ヤマハポピュラーソングコンテスト」入賞。84年「KBCライブコンテスト」入賞。87年よりTVラジオのCM音楽制作を始める。88年「アジア太平洋子供会議 in 福岡」イベント全曲の作編曲を担当。その後「ヤマハポピュラーソングコンテスト」ゲスト出演。九州各地のホテルでブライダル・シンガーとして活動する。03年3月「第22回浅草JAZZコンテスト」ボーカル部門でグランプリを受賞。同年7月ミニ・アルバム「Infatuation」を発表。同年8月「上野JAZZイン」出演。04年4月「ブルーノート福岡」出演。現在はフリーで九州・福岡を中心に東京でもライブ活動中。
04年12月オリジナルCD「COCORO」をリリース。

Giutar

g.yamano240.jpgギター講師
山野 修作
福岡市在住、九州・山口を中心にプロとしてジャズの演奏活動をしている。2003年NYに渡りNYのミュージシャンらとセッションを重ね、John Abercrombie、Gene Bertonciniらに師事。以降断続的に渡米を繰り返す。2004年初リーダーアルバム「LightUpTheSky」を製作、九州・山口ツアーを敢行し各地で好評を得る。2008年NYのクリントンレコーディングスタジオにてJoeMartin(Bass)・ Bill Stewart(Drums)を迎えセカンドアルバム「The Starting Point」を製作/発表。2009年NYからマットクローシー(Bass)・マークファーバー(Drum)を招き、コンサートホール公演を含む「The Starting Point Tour 2009」を行う。現在は自己のトリオで多数のオリジナル曲やアレンジしたジャズチューン・スタンダードチューンを演奏している他、ソロ・デュオ・カルテット等さまざまな形態で演奏している。伝統的なジャズギターサウンドでありながら、現代的なプレイスタイルが特徴である。

Bass

niwa240.jpgベース講師
丹羽 肇
1967年長崎県出身、大学時代にベースを志す。1992年にNHKのコンテストで優勝しベストプレイヤー賞を受賞。その後も福岡市を拠点に各地でライヴ活動を重ね1998年プロベーシストとしての活動を開始。コントラバスを九州交響楽団の吉浦勝喜氏、藤井良子氏に師事。
2001年3月NHKのジャズ番組「セッション505」に日比野則彦カルテットのメンバーとして参加し好評を博す。2001年・2002年と川嶋哲郎(sax)氏と工藤隆(pf)氏らと西日本ツアーに参加する。2002年10月SUNSET99LIVEに出演。2003年に多田誠司(sax)氏とツアーをおこなう。現在はライヴ・イヴェント等での演奏やレコーディングを中心に活動し、また専門学校などで後進の指導にもあたる。またこれまで様々なジャンルのレコーディングに参加し、その安定したプレイは高く評価されている。

Bass

b.yokoyama240.jpgベース講師
横山 達也
15歳のときにベースを始め、高校時代は地元のラジオに出演など積極的にバンド活動を行う。
それを機に音楽の道を志す。高校卒業後、福岡スクールオブミュージック専門学校に進学。
在学中には、ロックだけではなく、様々なジャンルを勉強し、現在は同学校で授業のサポートや自身の
バンド、バンドのサポート、アレンジなどといった活動をしている。

Vocal

v.urakami240.jpgヴォーカル講師
浦上 眞紀 
佐賀県唐津市出身。長崎大学在学中より長崎市の老舗ジャズスポットFAN FANにてジャズを歌い始める。1998年から3年間アメリカのウイスコンシン州立大学にて日本語を教えるかたわら、現地のバー「PEABODYS」のハウスバンドに参加するなど現地のミュージシャンとセッションを重ねる。2001年帰国し活動の中心を福岡に移す。2009年頃からジャズでは珍しいギター弾き語りでの活動も開始。圧倒的な声量と5オクターブの声域でコンボからビックバンドまで歌いこなす実力派ジャズボーカリスト。ブルースフィーリング溢れる歌声で九州を中心にジャズスポット、イベントなどで活躍中。KEN G JAZZ SCHOOLのジャズボーカル科講師も勤める。

Vocal

1.shimizu240.jpgヴォーカル講師
清水 万耶子 
熊本県生まれ。幼少のころからクラシックを学び、武蔵野音楽大学声楽科卒業。声楽を寺田雅子氏、水谷環氏、中山文雄氏、大久保眞しに師事。在学中はクラシック以外にも様々な音楽に興味を持つようになり、JAZZBANDや桑野信義氏のSOUL BANDでテレビ番組出演や都内でのライブ活動等を行う。その後ニューヨークに渡りジュリアード音楽院でMarshall Williamson氏の指示を仰ぎ、更に深く音楽を学ぶ。ニューヨークでは”LUCINE AMARA”率いるHarmonia Opera Companyに所属し”Emiko linuma”(Instructor/Artistic Derctor)によるリンカーンセンター@Alice Tully Hall,にてOPERA”Black Ships”(kurofune)の芸者役でデビュー。現在はライブ活動やミュージックスクール等の講師を務め、現在幅広いジャンルで活動している。

Flute

Flute.noriko240.jpgフルート講師
甲斐 典子
熊本市出身。3歳よりピアノ、9歳よりフルートを始める。11歳より日本フルート協会会員。
熊本笛の会会員として、フルートオーケストラに参加。これを機に演奏活動を始める。
大学卒業後、プロとして演奏活動をスタートする。
1994年に拠点を福岡に移し、1996年ジャズフルートをほぼ独学で習得、活動の幅を広げる。
現在は福岡を拠点とし九州全域で活躍。クラシック、ジャズ、ポピュラー、邦楽等、ジャンルも幅広く様々なユニットで演奏をこなすマルチフルーティストは稀有であり、独特な音色は各方面で好評を得ている。
2002年にはワールドカップ大分会場にてオープニング演奏。
福岡サロンオーケストラメンバー

甲斐 典子 オフィシャルサイト

Violin

tsutsumi240.jpgバイオリン講師
堤 麻衣子
福岡県出身
修猷館高校 卒業
武蔵野音楽大学声楽科 卒業
福岡教育大学大学院演奏学 修了
3歳よりスズキ・メソードにてバイオリンを始める。8歳よりヨーロッパにて演奏活動を始める。
武蔵野音楽大学声楽科への進学をきっかけにバイオリニスト、声楽家としての二刀流音楽家を志す。
これまでに、ソロ・リサイタル、企業コンサートなど多数開催。ジャンルや形にこだわらず、自由な演奏スタイルで好評を得ている。音楽の質にこだわりながらも、身近に感じてもらえる存在を目指している。
また近年では、後進の指導にも力を注いでいる。

Saxophone

a.keng240.jpgサックス講師
KEN.G 清水けんじ
1967年山口市出身。 高校を卒業後上京し音楽学校に2年間在籍。二十歳頃アルトからテナーに転向し、日本ジャズ界の鬼才・植松孝夫氏に師事。'89年"万有韻力"を結成し"新宿ピットイン"を中心にライブ活動を開始。'91年NHK-FM“セッション'91”に自己のバンドで出演し全国的に知られる。'95年"THE REASON"、'96年"BULL'S EYE"、'97年"TwoFace"とリーダーアルバムをリリース。近年は海外にも進出。トロントで同地のミュージシャンと収録したアルバム "Last Winter"、"Tenderly"を'06年1月に2枚同時リリース。'07年1月、トロント録音の三枚目のアルバム"You Can Sleep Now"をリリース。'08年6月NY録音の最新作"CRY OF THE WILD"をWhat's New Recordsからリリース。ジャズ雑誌などの高い評価を受ける。
現在福岡市在住。豊かな音色と幅広い音楽性と兼ね備え、即興性の高いユニット "in g air"のほか、様々なユニット・セッションで九州・山口を中心に全国的に活動を展開している。

Clarinet

b.morita240.jpgクラリネット講師
森田 三恵
福岡県出身。13歳の頃よりクラリネットを始める。
福岡女子短期大学音楽科卒業。同大学卒業演奏会に出演。
卒業後は、クラシックのみならずJAZZへと音楽の幅を拡げ、ライブ活動も行っている。
これまでにクラリネットを、坂口 雅教、木下 圭子、北尾 勝、Felicito Sacdalanの各氏に師事。
JAZZ理論を山野 修作氏に師事。

森田 三恵 オフィシャルサイト

Saxophone

d.nonaka240.jpgサックス講師
野中 真由美
大阪音楽大学短期大学部卒業
クラシックサックスを斎藤宏樹氏、
赤松二郎氏に師事
ジャズサックスを北尾勝氏に師事
ジャズ理論を山野修作氏に師事

野中 真由美 オフィシャルサイト

Flute

ichikawa240.jpgフルート講師
市川 美樹子
福岡市出身。フルートを堀江絹子、滝沢昌之、大竹泰夫、小泉浩、各氏に師事。F.ブークリー、W=D.シャーフ、岩花秀文、各氏のレッスン受講。第14回日本フルートコンヴェンションコンクール アンサンブル部門(一般・大学の部)金賞(第1位)桐朋学園芸術短期大学科目等履修生を経て、第22回日本クラシック音楽コンクール(一般の部)地区本選会優秀賞及び全国大会第4位(最高位)入賞
現在、ブライダル演奏、イベント、コンサートを中心に活動

市川 美樹子 オフィシャルサイト

Giutar

ryoya240.pngギター講師
山口 諒也
16歳でギターを始め高校時代には組んでいたバンドや個人で数々の賞を受賞しテレビ、ラジオ、雑誌等メディアへの出演も果たす。18歳でキャリアをスタート。様々なアーティストのレコーディングやサポートを行う。この頃からジャズと音楽理論を山野修作氏に師事。NYのメインストリームのJazz Guitaristやレジェンドと呼ばれるロックギタリストに影響を受ける。21歳で上京し、同年に開催されたギターマガジン主催『最強プレイヤーズコンテスト2011』では初出場、最年少で準グランプリを受賞。
現在はソロギタリスト、ギター講師として活動中

Piano

yakushiji200.pngピアノ講師
薬師寺 俊治
大野城子供ミュージカル歌唱指導、伴奏
コーラス団体伴奏
保育園、幼稚園でのピアノレッスン
コーラス団体歌唱指導、指揮
チェロ、コントラバス、フルート等各楽器との合奏
門司港三井倶楽部にてコンサート
老人ホーム、障害者施設、デイケアサービス等での慰問演奏

薬師寺 俊治オフィシャルサイト

Piano, Vocal

saito_mariko.jpgピアノ・ヴォーカル講師
斉藤 真理子
山梨県出身。東京理科大学理学部応用数学科卒業 
2006年秋に、新たなステージとして、これまでピアノを極めるために封印していた弾き語りを再開。各ライブハウスでピアノトリオ、ギタートリオ、カルテットでの弾き語りのライブを展開。ジャズの真髄を知り尽した歌唱法は評価も高く、特徴あるハスキーボイスで和製ダイアナ・クラールと評されている。大学時代にジャズに出会う。小学校時代に習っていたクラシックを元にジャズピアノの勉強を独学で始める。卒業後、いったん企業に就職するが音楽への道を捨てきれず退社。その後、ジャズボーカルの勉強をし、弾き語りとして仕事を始める。都内のライブハウス、一流ホテルで活躍。その間にも地道にジャズの勉強を重ね1990年、本格的にジャズピアニストとしての活動を始める。自己のトリオを継続しながら、様々なバンドに参加する。大森明、山田穣、川島哲郎などとも数多く共演し、サポーターとしての実績も重ね、サポーターとしてのレコーディングもある。 その後、個性を最も発揮できる自己のトリオに焦点を絞り、ビバップを基調とした、モダンで自由さを表現できるピアニストとして活動をし、2002年8月には、トリオで初リーダーアルバム『VOICE』を発売。 2003年には西日本、東北ツアーを成功させる。 2005年2月、セカンドアルバム『SO MANY STARS』 発売。

Violin

坂田葉月350.jpgバイオリン講師
坂田 葉月
東京藝術大学音楽学部卒業後、同大学院修士課程修了
第41回及び第45回全日本学生音楽コンクール福岡大会に於いて各第1位受賞
第6回全日本ソリストコンテストにて優秀賞受賞
北九州芸術祭、北九州国際音楽祭出演
第19回アフィニス夏の音楽祭参加
これまでに篠崎永育、山岡耕筰、浦川宜也、山口裕之の各氏に師事
1999年4月より、九州交響楽団団員

坂田 葉月 オフィシャルブログ